バストの悩み解消,最新情報

バストの悩み解消 最新情報

バストアップ06

 

バストに悩みや不満を感じている女性は8割を超えるという統計があります。
その内訳は・・・

  • 小さい(現状より大きくしたい)
  • トップの色(乳首の色)
  • 形状(垂れ気味、離れている)
  • 大きい(小さくしたい)

・・・など様々な悩みを抱えているようです。

 

その中でもバストが小さく、大きくしたいと悩みを持っている方が4割を超えます。
小さくてはずかしい!という声から、もう少し大きくてもいいのに〜♪という声まで合わせると
統計数はもう少しあがるのかもしれませんね。

 

「貧乳」や「ペチャパイ」、「まな板」など比喩され浴びせかけられた言葉に傷ついた人も多いようです。
何故そんな心無い言葉を浴びせられたのでしょう?

 

それは、男性が初対面の女性に目がいくパーツとして、顔に継いで「バスト」と応えた男性が多いのです。
「女性として、一番魅力的だから」と、女性らしさが感じられるパーツということで、目がいってしまう男性が多いみたいです。

 

もちろん、小さいということで女性として魅力が欠ける訳はありませんが、異性の男どもは判断材料にしていることも現実です。
実際、「バストアップしたい!」「豊胸したい!」という女性が多い原因も男性の視線が影響しているのでしょう。

 

バストの悩み解消 最新情報

では、現実にバストアップ・豊胸の手段と方法をピックアップしていきます。

病院・クリニックでのバストアップ方法

豊胸外科手術
  1. 脂肪幹細胞移植
  2. バッグ挿入法
バストアップ目的の注射器での注入
  1. 脂肪注入法
  2. ヒアルロン酸注入法
光豊胸

サロン・エステや自宅でのバストアップ方法

・・・など様々な方法・手段があります。
しかし、どの方法・手段も一長一短あることは事実です。

バストアップ05

 

 

バストの悩み解消 最新情報
  経費 即効性 持続性 副作用 痛み
脂肪幹細胞移植
バッグ挿入法
脂肪注入法
ヒアルロン酸注入法
光豊胸
バストアップクリーム
バストアップサプリメント
育乳ブラジャー

バストアップマッサージ
(サロン・エステ)

バストアップエクササイズ
(エステ・ジム)

バストアップマッサージ
(自宅)

バストアップエクササイズ
(自宅)

* 全てを試した訳ではありませんが、口コミや評価から以上のような評価としました。

 

やはり、病院やクリニックにかかると経費は嵩みます。エステやサロンなども同様ですが、治療と施術では幾分安価になるようですが、即効性が悪く、
バストアップに成功したとしても、施術を受け続けなくては元の状態に戻ることで、経費面でも逆転もありえるので注意が必要です。

 

しかし、短期間でバストアップに成功することでは右に出るものはありません。治療面でも技術は飛躍的に進んでいるようです。

 

その他のサプリやクリーム、ジェルなどやナイトブラなどの商品も日進月歩でその成果は伸びているようですが、即効性に欠け、継続が絶対条件です。
経費は安価ですが、所要時間がかかり継続が必要です。

 

バストの悩み解消 最新情報